文化と防災の合体
Incorporation of Culture and Disaster-Prevention

代表 ごあいさつ

一人語りとソングによる “消防広報” の推進

「防災一人語り」推進グループ

楽曲「うちのUFO 住警器(じゅうけいき)」作成グループ

代表 加藤 雅

 

   防火・防災につきまして、平素より皆様が地域の安全にご配慮いただいていますことに対し、心よりあつくお礼申しあげます。

   さらに、私ども各グループの、「防災一人語り」作品の公演と楽曲「うちのUFO 住警器」による、消防広報の推進にご理解とご協力をいただき重ねてお礼申しあげます。

 

  「防災一人語り」は平成17(2005)年から、 楽曲「うちのUFO 住警器」は平成21(2009)年から、それぞれのグループ構成員や関係する皆様のご協力により活動を開始して現在に至るまで、 全国各地で多くの皆様のご支援のもとに推進させていただいております。

   今後とも引続きよろしくお願いいたします。

  月刊フェスク 2018年8月号  代表エッセイ「防災一人語り」推進活動

  都政新報 2019年1月15日付  代表寄稿「防災の心を届けて14年」
 

防災一人語り 第6部「迷子椎-三宅島大噴火-」を熱演する三咲順子さん 公演記録 №23

私も消せるよ!少年消防クラブの初期消火訓練。防災一人語り第8部「レインボウサイン」より。画:菊池仁一さん(楽曲「うちのUFO 住警器」作成グループ)
住宅用火災警報器 設置促進フェスタ。福井市内を広報パレードの後、幼年消防クラブ員が楽曲「うちのUFO 住警器」を元気よく合唱しました♪ 演奏は同市消防局音楽隊。歌唱後、三咲順子さんが、同市消防局オリジナル「命を守る 切り札」と第4部「写真」を上演(福井市民福祉会館)。 平成23(2011)年2月19日【公演記録 №14】

プロフィール

加藤 雅(かとう まさる)プロフィール

   昭和28(1953)年、北海道小樽市生まれ。新潟市立南万代(みなみばんだい)小学校の5年生で新潟地震※1を経験。信濃川に近い、4階建ての同校舎1階部分が液状化現象で沈下し、一見すると3階建てに…。埼玉県内の高校では演劇部で活動。
   昭和51(1976)年3月に大学を卒業後、函館市役所臨時職員を経て同年9月1日、東京消防庁に入庁(同庁消防学校に入校)。

   翌年1月に消防学校を卒業。豊島(としま)消防署をはじめとする都内10か所の消防署などで30数年勤務し、平成25(2013)年3月末、同庁を退職。

   平成27(2015)年4月から、複音ハーモニカの練習を開始。※2

 

※1 新潟地震の概要
出典:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 1964年新潟地震オープンデータ特設
   サイト(http://ecom-plat.jp/19640616-niigata-eq/

※2
私が小学生の時以来、約50年ぶりにハーモニカを手にしたきっかけはいくつかあります。その一つが平成26(2014)年12月の学校公演(第5回)です。寺澤ひろみさんの演奏を聴いた小学校6年生の皆さんから手紙(ブログ「文化と防災の合体」)が届きました。

  「ステキな演奏が心に残りました。ハーモニカを見たのが初めてで、名前をきくぐらいしかありませんでした」や「ハーモニカでこんなにも美しいメロディがふけるなんてと感動しました」「私は、ひろみさんのおかげでハーモニカが好きになりました」・・・・・などです。

   そこで、私も久しぶりにハーモニカの音色を自分で吹いて楽しみたいと思いました。 小学生の皆さんの手紙が、色々なことでおぼろげにハーモニカを始めてみてもいいかなと思っていた私の背中を押してくれたのです。

大田区立池上第二小学校(東京都)で6年生が参加した学校公演(第5回)。最初に音楽教室で寺澤ひろみさんが手にしているのは、重さが約2キログラムのバス・ハーモニカ。続いて防災教室で、三咲順子さんが第7部「グスコーブドリの伝記」上演。平成26(2014)年12月19日【公演記録 №33】

CONTACT

防災一人語りの公演や、楽曲「うちのUFO  住警器」の活用などについてのお問い合わせ、連絡は CONTACT からどうぞ!
 
  
                                       各ページの右側の写真やイラストは、クリックすると拡大します      

                              Click to enlarge the photos and illustrations on the right side of the page.

「防災一人語り」は、様々な災害や消防救急活動の実話などに基づく作品(脚本)を、三咲順子、川柳つくし、ハンナ・グレース、レミ・ダンカン、岩田瞳、ケリー・ホールウェイの皆さんが一人で語り、演じます。
寺澤ひろみ(ハーモニカ)、中村沙穂&宮尾悠(チェロ)、中島健太(クラリネット)、髙木美里(フルート)の皆さんが、担当する作品の劇中、シーンの展開に合わせて演奏します。

ブログ更新情報

ブログを見る

トップページ スライドの画像

の説明はこちらをクリック!

第5部英語版 Ground Zero

公演記録 No.25 三宅村公演

公演記録 No.26 一関市公演

公演記録 No.39 初演の写真

防災まちづくり大賞 交流会

「防災一人語り」シリーズ

作品 はこちらをクリック!

第1部おにぎりいっぱいの愛

第2部ごく普通の家族

Just As An Ordinary Family

第3部救急救命士・島村ひとみ

第4部写真

第5部グラウンド・ゼロ

Ground Zero

第6部迷子椎-三宅島大噴火-

第7部グスコーブドリの伝記

 

「防災一人語り」シリーズⅡ

作品 はこちらをクリック!

第8部レインボウサイン

第9部見果てぬ夢-志保の調査日記より-

第10部命のバトン

Life's Relay Baton
第11部天災は忘れられたる頃、来る

防災落語

  其の一  AED落語

  其の  火災予防落語

  “Fire Prevention Rakugo

  其の  ジャズ落語STARDUST

  其の  セロ弾きのゴーシュ

  其の五  足腰神様

朗 読震災の日 

 

 

公演記録 はこちらをクリック!

No.1~15  16~30  31~46

47~60  61~65

 

鑑賞した児童生徒等の感想&写真 はこちらをクリック!

防災一人語り・学校公演

 

「防災一人語り」の 紹介記事

 はこちらをクリック!

【第1部】1/8  【第2部】2/8

【第4部】3/8  【第6部】4/8

【第7部】5/8  【第10部】6/8

【賢治生誕120年記念公演】7/8

【学校公演】8/8

絵本・童話シリーズ
題名をクリックして閲覧できます!
絵本
いのち ばとん
手作り絵本 いのち ばとん
絵の
ない絵本 いのち ばとん
LIFE'S RELAY BATON

PAGE TOP