文化と防災の合体
Incorporation of Culture and Disaster-Prevention

第9部「見果てぬ夢-志保の調査日記より-」

プロローグ

「今日は9月9日、救急の日。女消防士、かっこいいじゃない・・・・・

なんてことで消防署に入れたのは良かったけど、見ると聞くとでは大違い。まして、予防課(注:公演の際は上演する地域での当該組織名を呼称)

に配属されることになるなんてショック!色んなことになかなか馴染めないし、自分を奮い立たせるためにも、今日から日記をつけることにした。・・・・・」

 

脚本   永島直樹

語り   調整中   

クラリネット演奏   中島健太       打楽器演奏   小島 快

内容   消防法(昭和23年7月24日法律第186号)第7章 火災の調査

      第31条「消防長又は消防署長は、消火活動をするとともに火災

      の原因並びに火災及び消火のために受けた損害の調査に着手しな

      ければならない。」~ 第35条の4までに定められた、火災原因

      調査を題材にしたもの

協力   火災調査探偵団(北村芳嗣さん 作成)

       http://www7a.biglobe.ne.jp/~fireschool2/

炎上する建物・・・・どうして火事に?
鎮火後の現場で火災の原因を調べる消防職員。         平成29年5月18日付 北國新聞 朝刊

CONTACT

防災一人語りの公演や、楽曲「うちのUFO  住警器」の活用などについてのお問い合わせ、連絡は CONTACT からどうぞ!
 
  
                                  各ページの右側の写真とイラストは、クリックすると拡大します      

                        Click to enlarge the photos and illustrations on the right side of the page.

「防災一人語り」は、様々な災害や消防救急活動の実話などに基づく作品(脚本)を、三咲順子、川柳つくし、ハンナ・グレース、レミ・ダンカン、岩田瞳の皆さんが語り、演じます。
寺澤ひろみさんが「レインボウサイン」でハーモニカ、中村沙穂&宮尾悠さんが「セロ弾きのゴーシュ」と “Ground Zero” でチェロを演奏。「見果てぬ夢」で、クラリネットを中島健太、打楽器を小島快さんが演奏。中島さんは「命のバトン」とその英語版 “Life's Relay Baton” でも演奏します。

ブログ更新情報

ブログを見る

トップページ スライドの画像

はこちらをクリック!

公演記録 №26  一関市公演

公演記録 №25  三宅村公演

防災まちづくり大賞 交流会

4 第5部英語版 Ground Zero

公演記録 №39  初演の写真

 

 

「防災一人語り」シリーズ

作品 はこちらをクリック!

第1部おにぎりいっぱいの愛

第2部ごく普通の家族

Just As An Ordinary Family

第3部救急救命士・島村ひとみ

第4部写真

第5部グラウンド・ゼロ

Ground Zero

第6部迷子椎-三宅島大噴火-

第7部グスコーブドリの伝記

 

「防災一人語り」シリーズⅡ

作品 はこちらをクリック!

第8部レインボウサイン

第9部見果てぬ夢-志保の調査日記より-

第10部命のバトン

Life's Relay Baton

防災落語

  其の一  AED落語

  其の  火災予防落語

  “Fire Prevention Rakugo

  其の  ジャズ落語STARDUST

  其の  セロ弾きのゴーシュ

  其の五  足腰神様

朗 読震災の日 

 

 

公演記録 はこちらをクリック!

1~15  16~30  31~46

47~60  61・62

 

鑑賞した児童生徒等の感想&写真 はこちらをクリック!

防災一人語り・学校公演

 

「防災一人語り」の 紹介記事

 はこちらをクリック!

【第1部】1/7  【第2部】2/7

【第4部】3/7  【第6部】4/7

【第7部】5/7

【賢治生誕120年記念公演】6/7

【学校公演】7/7

PAGE TOP