文化と防災の合体
Incorporation of Culture and Disaster Prevention

防災一人語りシリーズ Ⅱ

防災一人語りの作品概要 ②

第8部「レインボウサイン

脚本  永島直樹 (演劇プロデュース集団「遊人塾・劇舎」主

         劇中歌 「レインボウサイン」

            作曲   川柳つくし    編曲   日本工学院八王子専門学校 ミュージックカレッジ 協力

推奨   東京消防少年団連盟 全日本ハーモニカ連盟       

推薦   日本ハーモニカ芸術協会   (推奨、推薦ともに脚本に対するもの) 

語り   川柳つくし        ハーモニカ演奏   寺澤ひろみ
内容   少年消防クラブ(東京では「消防少年団」と呼称)の活動を題材にしたもの

初演   平成28年(2016年)8月21日(公演記録 №39)

  

第9部「見果てぬ夢-志保の調査日記より-

脚本   永島直樹

語り   

クラリネット演奏   中島健太      打楽器演奏   小島 快

内容   消防法(昭和23年7月24日法律第186号) 第7章 火災の調査 第31条「消防長又は消防署長は、消火活

      動をするとともに火災の原因並びに火災及び消火のために受けた損害の調査に着手しなければならない。」

      ~第35条の4までに定められた、火災原因調査を題材にしたもの

 

第10部「命のバトン 準備中)

脚本   

内容   福井県内を中心に活動しているNPO法人命のバトンの活動を題材にしたもの

 

防災落語   其の一「AED落語

作・演者  川柳つくし        

推奨   NPO法人 命のバトン    NPO法人 いのちを守る会「絆」    NPO法人 大阪ライフサポート協会

        公益財団法人 日本心臓財団    一般財団法人 日本AED財団  (脚本に対するもの。承諾順)

内容   落語家の川柳つくし師匠が、防火防災をテーマにした防災落語を自作自演するもので、一作目は救急救

      を題材にしたもの

初演   平成28年(2016年)7月15日(公演記録 №37)

  

防災落語   其の二「火災予防落語    英語版 “Fire Prevention Rakugo

作・演者   川柳つくし        英語版翻訳  「防災一人語り」推進グループ

内容  防災一人語り」推進グループの一員がとりまとめた火災に関する資料をもとにしたもの。つくし師匠が、

      英語版の落語も演じます。

初演   平成28年(2016年)3月22日(公演記録 №36)

英語版初演   平成30年(2018年)3月25日(公演記録 №54   日本語のプログラム


防災落語   其の三ジャズ落語STARDUST

作・演者   川柳つくし        演奏   ジャズプレイヤー

内容   身近な地震対策を交えて、「防災一人語り」推進活動にご支援ご協力をいただいた益田順子さんに捧げま

      す・・・(「在りし日の stardust 益田順子さん」はこちら)

 

防災落語   其の四セロ弾きのゴーシュ

作・演者   川柳つくし      チェロ演奏   中村沙穂&宮尾 悠      作曲・編曲   飯島奏人

原作   宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」

内容   宮沢賢治の童話を原作にした防災落語。夜ごと、小動物たちがゴーシュの家を訪ねます。

初演   平成29年(2017年)6月16日(公演記録 №47)

 

防災落語   其の五「足腰神様(あしこしがみさま)」

作・演者   川柳つくし

内容   住民の皆さんは、安全に避難できるのでしょうか?・・・・

初演   平成30年(2018年)7月1日(公演記録 №55)

 

朗読「震災の日

手記   福田順美       語り   三咲順子
内容   「3.11」あの日、岩手県陸前高田市内の高校2年生だった女子生徒が、体験したことを震災後スマート

      フォンでつぶやきはじめ 延べ65回、約7,000字となったもの

 

 東日本大震災から1週間後の陸前高田市(提供:防災システム研究所

  

 

防災一人語りシリーズ

CONTACT

↑ 防災一人語りの公演や楽曲「うちのUFO  住警器」の活用など、各種お問い合わせ・連絡はこちらからどう
 
  
                          各ページの右側の写真とイラストは、クリックすると拡大します      

                Click to enlarge the photos and illustrations on the right side of the page.

「防災一人語り」は、様々な災害や消防救急活動の実話などに基づく18の作品(脚本)を、三咲順子、川柳つくし、ハンナ・グレース、レミ・ダンカンの皆さんが語り、演じます。
 寺澤ひろみさんが「レインボウサイン」でハーモニカ、中村沙穂&宮尾悠さんが「セロ弾きのゴーシュ」と Ground Zero でチェロを演奏。クラリネット奏者の中島健太さんと打楽器奏者の小島快さんが「見果てぬ夢」で演奏します。

ブログ更新情報

ブログを見る

トップページ スライドの画像

はこちらをクリック!

公演記録 №26  一関市公演

公演記録 №25  三宅村公演

防災まちづくり大賞 交流会

4 第5部英語版 Ground Zero

公演記録 №39  初演の写真

 

 

「防災一人語り」シリーズ

作品 はこちらをクリック!

第1部おにぎりいっぱいの愛

第2部ごく普通の家族

Just As An Ordinary Family

第3部救急救命士・島村ひとみ

第4部写真

第5部グラウンド・ゼロ

Ground Zero

第6部迷子椎-三宅島大噴火-

第7部グスコーブドリの伝記

 

「防災一人語り」シリーズⅡ

作品 はこちらをクリック!

第8部レインボウサイン

第9部見果てぬ夢-志保の調査日記より-

第10部命のバトン」(準備中)

防災落語

  其の一  AED落語

  其の  火災予防落語

  “Fire Prevention Rakugo

  其の  ジャズ落語STARDUST

  其の  セロ弾きのゴーシュ

  其の五  足腰神様

朗 読震災の日 

 

 

公演記録 はこちらをクリック!

1~15  16~30  31~46

47~59

 

鑑賞した児童生徒等の感想&写真 はこちらをクリック!

防災一人語り・学校公演

 

「防災一人語り」の 紹介記事

 はこちらをクリック!

【第1部】1/7  【第2部】2/7

【第4部】3/7  【第6部】4/7

【第7部】5/7

【賢治生誕120年記念公演】6/7

【学校公演】7/7

PAGE TOP